人気の仕事である保育士資格2016年の状況と雇用の種類

保育士資格を取得するためには、おおまかに分けて、3つの方法があります。
まずは、短期大学などで取得をする、という方法です。この場合には、人気となる短大は県立短期大学などの短大で、多くの人が学費的な面から、安く資格を取得したい、という気持ちのために受験者が殺到します。
そのため、とても倍率が高いことが特徴です。

また、もう2つ目の資格取得の方法としては、国立大学などの教育学部で、このような保育士資格を取得することが出来ます。こちらの国立大学に関しては、さらに難関であり、同時に小学校教諭の免許、中学校教諭の免許なども取得をすることが出来るため、かなりの倍率となっています。

また、このような国立大学の場合には、この他にも役立つ資格の種類として、幼稚園の免許も取得することが出来ます。
これは、短期大学でも取得することが可能ですが、学校によりけりとなっています。

そして3つ目の方法は通信で免許を取得する、ということです。
実際に、2016年でも、このような「お子さんと接する仕事に就職したい」という人はとても多く、転職をする前に免許を取得しようと、通信講座などを受けて、そこから免許を取得する人も少なくありません。
また、都心部では、このような通信講座での免許の取得もとても取りやすく、実技などの教科などに関しても、地方に比べて、大学などがとても多いことから、かなり早い段階で免許の取得を出来る人もいます。

地方などでは、免許を持っていても、なかなか仕事に就職できない地域もありますが、都会ではそのようなことは滅多にありません。
2016年も2015年よりも前から問題になっているように、保育園が足りないことで、仕事に行けないお母さんたちがとても増加していることから、今後もとても求められる免許として、注目されています。

保育士資格は、かなり人気が高い資格の一つであり、また同時に男性が女性に就職してもらいたい仕事のベスト1位になっています。
これは、他にも男性から圧倒的に人気である職種の「看護師」「モデル」などを抑えて、毎年かなり男性から支持率の高い人気の仕事先となっています。

男性がこの仕事に就職している人に抱くイメージとしては「優しそう」「子ども好きは結婚後にとても助かる」などの理由から、大きな人気を博している仕事になっています。

ただし、実際に勤務できる2016年の需要と供給については、特に都心部で深刻な保育士不足となっていることもあり、緊急的に、保育園が開設されることが、政府などでも討論されている問題となっています。

これには理由があり、資格を持っていても、雇用形態がほとんどの場合が「非常勤」としての雇用形態となってしまっているため、正社員と非常勤との種類による格差があるということ、これらが問題となっています。
これは都心部の方が正社員としての扱いは大きく、逆に田舎などでは、扱いは非常勤で働いている人が圧倒的とされています。

そのため、どうしても正社員として働きたい女性の場合には、都会などに出向いて、故郷を捨ててまで正社員としての道を歩むために上京せざるを得ない状態になっています。

そのため、本当は地元で働きたいという気持ちがあるものの、「非常勤」という立場であると将来的に不安である、ということから、特に需要が激しい東京などの都心部に出向き、そこで人生を始める、という若者も少なくないとされています。
また同時に、都心部であれば雇用形態がさまざまであることから、何らかの病気などを持っていても、短時間での勤務が可能なほど、保育園などに入ってくれる職員の数が少ない状況から、多少の融通が利く状態にもなっています。

2016年の人気資格の種類に宅地建物取引士というのがあります

宅地建物取引士の制度は1958年に創設され、少し前までは宅地建物取引主任という資格でしたが2014年に取引業法の1部改正が行われ、2015年から名称の最後に士という字が付くようになりそれだけ重みのある国家資格になったと言えます。
この資格は宅地建物の売買や交換、又は賃借の取引において法に定める重要事項の説明を行ったり、契約書を交わすに当たっては確認したりこれに記名・押印することやその場に立ち会うこと等が義務付けられています。
事務所を開設するには都道府県知事への登録が必要であり、登録には2年以上の実務経験が必要とされています。但しこれに替わる登録実務講習を受けて修了した場合には実務経験を2年以上経た者と同等と見做されることになっています。
取引士証の有効期間は5年間とされ5年ごとに法定講習を受けると共に更新手続きも必要となります。1事務所では従業員5人に1人は専任の宅地建物取引士を置かなければならないようになっています。
この国家資格試験に関しては年齢や性別、学歴、国籍等の制限は一切なくて誰でも受験できるようになっています。
試験は毎年10月に各都道府県の各試験会場で行われ合格発表は11月下旬から12月上旬にかけてなされます。
試験の種類の中でも毎年20万人以上が受験するとされ人気となっていて2016年も多くの人が受験すると予想されます。
出願は郵送、あるいはインターネットからも行え問題は四肢択一式で50問、時間は2時間となっています。
試験の内容に関しては宅地建物取引業法施行規則より7分野に亘って出題されるようになっていて合格率は1999年以降は15%から17%で推移して来ています。
就職先や資格の活かせる業界としては建設会社があり建築した建物を販売するにはこの免許が必要となります。
不動産の担保を評価するという点では金融機関でも需要があります。不動産の管理会社でも物件を仕入れて分譲の仲介を行ったり管理も行うというケースが多いもので需要があります。

2016年の人気資格の種類として宅地建物取引士があげられるわけとしては、2020年の東京オリンピックに向けて建設需要が増大すると見られているからです。
それに伴って外国から仕事に関して訪れる外国人の数が増えて賃貸物件を借りたり、不動産の購入が行われる可能性も見込まれます。
あるいは建築分野において多くの投資物件として建てられこれを購入する人も増えることが予測されます。日本国内の全国各地からもオリンピックに向けて出先機関として不動産物件の賃貸契約が行われ、利用される可能性も十分見込まれます。
空地などがあれば不動産の有効利用としてコインパーキングなどが始められたりする可能性も十分あります。その場合にはマンション経営を行うオーナーとの関わりから不動産投資の話が出されたり、不動産物件の売買の話が出されるということも十分に考えられます。
この資格を持っているとその後でマンション管理士の資格を取ることも多くマンションの販売に限らず管理まで行う業者になることも可能です。
不動産の投資会社においてはこの資格を持っているのは当然とされ、ファイナンシャルプランナーとしての仕事を進めて行くのにも有利となります。顧客に対しては費用対効果を説明したり利回りの説明をしなければならない場合が出て来ますのでこういう場合に役立ちます。
不動産鑑定士という資格がありますがこれは難易度も高く、難しいものがありますが、不動産の鑑定評価においては取引事例を比較したり、原価法と呼ばれる再調達原価を出したり、収益還元法という手法も使われることがあり、こういう専門家と話しを進める場合にも最小限の知識として身に付けておきたい内容のものです。
役立つ内容のものとしては簿記も重要ですし、学生の時代からもこれを目指すことは可能であるとされています。

2016年人気の資格の種類の一つファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、2016年に取得したい通信講座での資格種類の中でも、ランキング入りしている人気のある資格の一つです。
ファイナンシャルプランナーとは、どのような仕事であるのかというと、「お客様の人生設計のお手伝い」をする仕事、と言われています。
この資格を得ている人は、誰よりも、また他の社員さんたちよりも「金融商品」「保険の内容」「年金の内容」これらについて知っていなければなりません。
そうでなければ、お客さまの「将来の設計」が計画出来ないからです。

お客様、つまり自分たちに依頼をしてくださった方々が「どのような老後を描いているのか」またそのためには、「いくらくらいの貯蓄が必要であるか、そしていつからそれらの貯蓄をいくらから始めなければならないのか」このような計算をプランナーはしていく必要があるため、お客様との密接な関係が必要な仕事でもあります。

さらには、お客さまが現在入っている生命保険はどのようなタイプであるのか、またどれくらいの金額のタイプに入っているのか、これらを計算し、そしてそこから、今後必要になるタイプの保険を導き出します。
そのため、いろいろな他社の保険にも詳しくなければならず、同時に、現在出ている保険で、最もお客様の必要としているものに、ぴったりとくるものを選び、紹介しなければなりません。

逆に、お客様が保険にお金をかけすぎている場合などには、その保険を解約し、新しく別に貯蓄などを始めた方がいいです、というアドバイスなども行います。
お客様の中には、保険を勧められるがままに入ってしまい、毎月の支払いだけで精一杯、貯金などがまったくできていないという方もおられるため、トータル的に見て、お客さまの将来のために、どのようなものが一番お勧めであるのか、これらを考え出し、一緒に相談していただきながら、プランをお勧めするのがこの仕事の役割となっています。

ファイナンシャルプランナーは、持っていると就職などに際に有利になる人気の資格、とも言われています。
主に、どのような分野で有利になる資格であるのか?というと、金融関係、保険関係、銀行関係、つまりは「生命保険会社」や郵便局、銀行など、これらの金融機関で有利になる資格とされています。

理由については、郵便局もその他の地方の銀行も、または都会にあるような大手の銀行も、外部から委託をされて「こちらの商品を販売してほしい」と色々な保険会社などから、または年金会社などから言われることがあるとされています。

そのため、多くの商品をお客様に勧める中で、「お客様が本当に納得して入りたい」と思ってくれる商品でなければ、お客様は加入をしてくれません。

そこで、人気の種類の資格となっているものがファイナンシャルプランナーなのです。

2016年にも、こちらについては、人気のある資格としてよく通信講座の広告欄にも掲載がされている有名なものです。

他の種類のものを抑えて、堂々とベスト10入りしていることも、まれではありません。

プランナーは、なぜ就職や転職の際に有利であるのか?というと、金融機関などにとっては、ノルマというものがあります。そのため、そのノルマの過酷さに辞めていく人は、かなり多く、かなりのプレッシャーとなるものなのですが、いくらお願いをしても、ただ頼まれるだけで、「必要がないな」と思えば、お客様はそのような年金などや保険の商品には見向きもされない、と言われています。

しかしプランナーの場合には、「今後どのようなお金が必要になるのか」ということと、「現在加入している保険などよりも、もっとお得でお客様に合ったものがあります」と言えること、これらのことから、金融機関にとっては、とても頼りになる存在なのです。

また、あまりにも有名なプランナーの場合には、金融機関が営業を行わなくても、お客様の方から依頼がきて、「ぜひ、プランを見てほしい」と来てくださることもある、と言われるほど頼りにされる存在なのです。

2016年人気の資格の種類の一つである調剤薬局事務について

2016年も人気急増中の資格の種類の一つである調剤薬局事務。医療事務と同じくらい人気があります。専門資格ですが仕事で扱う分野が「薬」に限られていることからほかの資格に比べて学習範囲が狭く、手軽にとりやすいという特徴があります。初心者でも挑戦しやすいものとなっています。独身時代はフルタイムの正社員として、結婚、出産してからは午前中だけのパートタイムとして育児や家事などを優先することもでき、ライフスタイルの変化に応じて勤務スタイルなどを自由に選ぶことができます。このように一つの仕事をずっと続けていくこともできる上に、ライフスタイルに応じて勤務形態を変化できるので働きやすいなどという理由から多くの女性から注目を集めています。以前は病院内に薬局も設置されていたのですが国の方針により「診察は病院でうける、薬は処方箋を持って調剤薬局で受け取る」という分業スタイルが一般的になり、この結果、調剤薬局の増加しました。最近は病院の近くには薬局が併設されているところが増えてきています。町を歩いていると薬局が増えたなということが分かると思います。景気に左右されない安定した就職先として今後もますますスキルを持った人材の活躍が期待されています。具体的に調剤薬局事務とは何をする人なのでしょうか。それは、病院で発行された処方箋をパソコンに入力する人のことです。処方箋の内容、患者さんの氏名、保険情報、処方した病院、処方した医師の名前などを入力します。この仕事が9割を占めています。薬局でもらうお薬の袋や説明書なども事務員が作る仕事となっています。仕事の大半はパソコンを向き合う仕事だと思っていて良いと思われます。パソコン作業が苦手な人は少し負担がかかることが考えられますが、最初から得意でなくても慣れるとコツをつかんで上達できますので心配はないです。

調剤薬局事務が2016年も人気の資格の種類の上位を占めているのにはわけがあります。そのうちの一つが医療系の資格の中でも難易度が低く、低価格かつ短期間で取得できるというところにあります。合格率も90パーセントを超えるところがほとんどです。医療事務の場合は医療行為の範囲が膨大で学習範囲が広いのですが、この資格に関しては医療知識の中でも薬剤部分だけとされているので学習範囲が極端に狭く、短期間で資格取得が可能なのです。
それに加え、薬局はコンビニの数よりも多いとされています。職場探しも幅広くできることが特徴です。これから超高齢化社会に日本は突入していきます。医療の需要は増えるばかりで減ることはまずありえないと考えられます。医療従事者の一員である調剤薬局事務は将来的にも就職に困ることのない資格だと言うことができます。また、働き方も正社員、パート、週に数回だけなど調剤薬局の数だけ働き方のスタイルもたくさんあります。それも人気の理由の一つです。営業時間は薬局によって異なりますが閉店が早いところは定時も早くなります。薬局はたくさんあるので自分の希望にあったスタイルで働けるところは必ず見つけることができると思われます。仕事内容もパソコン入力が主な仕事なので結婚や出産でブランクがあっても経験があれば戻りやすい仕事だと言えます。薬局内の仕事は薬のことは薬剤師が請負い、調剤報酬明細書の作成は事務員が行います。調剤報酬明細書の作成は専門的な知識を有するので薬剤師であっても詳しく把握していないこともあるので調剤報酬明細書が作成できる事務員はとても重宝されます。この他にも合わせて簿記やパソコンのエクセルなどの勉強をし、スキルを身に着けておくと就職には大変有利になります。やる気ももちろんですが、自分からできることを増やしていく力も大切です。