人気の仕事である保育士資格2016年の状況と雇用の種類

保育士資格を取得するためには、おおまかに分けて、3つの方法があります。
まずは、短期大学などで取得をする、という方法です。この場合には、人気となる短大は県立短期大学などの短大で、多くの人が学費的な面から、安く資格を取得したい、という気持ちのために受験者が殺到します。
そのため、とても倍率が高いことが特徴です。

また、もう2つ目の資格取得の方法としては、国立大学などの教育学部で、このような保育士資格を取得することが出来ます。こちらの国立大学に関しては、さらに難関であり、同時に小学校教諭の免許、中学校教諭の免許なども取得をすることが出来るため、かなりの倍率となっています。

また、このような国立大学の場合には、この他にも役立つ資格の種類として、幼稚園の免許も取得することが出来ます。
これは、短期大学でも取得することが可能ですが、学校によりけりとなっています。

そして3つ目の方法は通信で免許を取得する、ということです。
実際に、2016年でも、このような「お子さんと接する仕事に就職したい」という人はとても多く、転職をする前に免許を取得しようと、通信講座などを受けて、そこから免許を取得する人も少なくありません。
また、都心部では、このような通信講座での免許の取得もとても取りやすく、実技などの教科などに関しても、地方に比べて、大学などがとても多いことから、かなり早い段階で免許の取得を出来る人もいます。

地方などでは、免許を持っていても、なかなか仕事に就職できない地域もありますが、都会ではそのようなことは滅多にありません。
2016年も2015年よりも前から問題になっているように、保育園が足りないことで、仕事に行けないお母さんたちがとても増加していることから、今後もとても求められる免許として、注目されています。

保育士資格は、かなり人気が高い資格の一つであり、また同時に男性が女性に就職してもらいたい仕事のベスト1位になっています。
これは、他にも男性から圧倒的に人気である職種の「看護師」「モデル」などを抑えて、毎年かなり男性から支持率の高い人気の仕事先となっています。

男性がこの仕事に就職している人に抱くイメージとしては「優しそう」「子ども好きは結婚後にとても助かる」などの理由から、大きな人気を博している仕事になっています。

ただし、実際に勤務できる2016年の需要と供給については、特に都心部で深刻な保育士不足となっていることもあり、緊急的に、保育園が開設されることが、政府などでも討論されている問題となっています。

これには理由があり、資格を持っていても、雇用形態がほとんどの場合が「非常勤」としての雇用形態となってしまっているため、正社員と非常勤との種類による格差があるということ、これらが問題となっています。
これは都心部の方が正社員としての扱いは大きく、逆に田舎などでは、扱いは非常勤で働いている人が圧倒的とされています。

そのため、どうしても正社員として働きたい女性の場合には、都会などに出向いて、故郷を捨ててまで正社員としての道を歩むために上京せざるを得ない状態になっています。

そのため、本当は地元で働きたいという気持ちがあるものの、「非常勤」という立場であると将来的に不安である、ということから、特に需要が激しい東京などの都心部に出向き、そこで人生を始める、という若者も少なくないとされています。
また同時に、都心部であれば雇用形態がさまざまであることから、何らかの病気などを持っていても、短時間での勤務が可能なほど、保育園などに入ってくれる職員の数が少ない状況から、多少の融通が利く状態にもなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です